行政書士高野誠事務所

大阪府大阪市の行政書士事務所です。建設業許可・経審・指名願い(入札参加資格申請)、宅建など各種許認可申請から遺言・相続など暮らしの相談、契約書作成など法務相談など承っております。 まずは、お気軽にご相談ください。
行政書士高野誠事務所 TOP
建設業許可の手続き
建設業許可のご相談
建設業許可とは
建設業許可の要件
建設業許可申請の提示書類
建設業許可新規申請
建設業許可新規申請書類
建設業許可更新申請
建設業許可変更届
建設業許可申請の流れ
建設業許可Q&A
経営事項審査(経審)とは
経営事項審査(経審)の審査内容
経営事項審査(経審)の申請書類
経営事項審査(経審)の提示書類
入札参加資格審査申請(指名願い)とは
入札参加資格申請・登録情報
建設業許可用語集
宅地建物取引業(宅建)の手続き
遺産分割協議・遺言相続問題
帰化・在留資格
法人設立
契約法務・コンサルティング業務
離婚相談
お問い合わせ
報酬額
法的情報
特定商取引法に基づく表示
サイト マップ
更新履歴
各種資料
リンク
お知らせ
 
建設業許可新規申請
 
1.建設業の許可を受けるに当たって、「建設業許可とは」のページをご覧ください。
 以下の事項について検討します。

ア 建設業許可制度で、許可の必要性について判断する。
イ 建設業の業種で、28業種に分類されている業種のうち必要とする業種を決定。
ウ 許可の区分で、大臣許可が必要となるのか、知事許可が必要となるのか判断する。
 また、一般建設業が必要となるのか、特定建設業が必要となるのかを判断してください。
 
 
 
2.建設業の許可の申請に当たって、「
建設業の許可の要件」のページをご覧ください。
 建設業法では、以下の4つの項目について建設業の許可の基準が定められており、許可を受けるためにはこれらの基準すべてを満たす必要があります。
 
ア 経営業務の管理責任者
イ 専任技術者
ウ 財産的基礎等
エ 誠実性と欠格要件
 一般建設業と特定建設業では、イの専任技術者とウの財産的基礎等については、基準が異なりますのでご注意ください。