行政書士高野誠事務所

大阪府大阪市の行政書士事務所です。建設業許可・経審・指名願い(入札参加資格申請)、宅建など各種許認可申請から遺言・相続など暮らしの相談、契約書作成など法務相談など承っております。 まずは、お気軽にご相談ください。
行政書士高野誠事務所 TOP
建設業許可の手続き
宅地建物取引業(宅建)の手続き
遺産分割協議・遺言相続問題
相続とは
相続人とは
相続人となるのは
代襲相続とは
遺産分割協議書作成の注意点
相続財産の調査
相続人の調査
相続の放棄・承認
遺産分割の方法
遺言書作成について
遺言書の種類
各遺言方式の長所・短所
自筆証書遺言とは
公正証書遺言とは
遺言書作成のポイント
帰化・在留資格
法人設立
契約法務・コンサルティング業務
離婚相談
お問い合わせ
報酬額
法的情報
特定商取引法に基づく表示
サイト マップ
更新履歴
各種資料
リンク
お知らせ
代襲相続とは
 
 
 「相続人となるのは」に記載した順位の同順位の方の中で、相続の開始以前に死亡したり、相続欠格、相続排除によって、相続権を失った場合に、その子供が相続することを代襲相続といいます。
 
 
 例えば、子供が既に亡くなっているいる場合、その子供の子供(孫)が代襲相続します。
 
 
 被相続人(亡くなった人)に子供も親もすでにいない場合には、兄弟姉妹が相続人となり、その兄弟姉妹の中ですでに亡くなった方がいる場合は、兄弟姉妹の子供である甥、姪が相続します。
 
 
 
 つまり、代襲相続になる場合は、
 1.相続人である子供、兄弟姉妹が相続開始前に死亡した時
 2.相続人である子供、兄弟姉妹が相続欠格に該当する場合
 3.相続人である子供、兄弟姉妹が相続から廃除された場合
 
 となります。
 
 
 
 
 
 なお、代襲相続人になれる人は、
 
 1.相続人の子(被相続人から見て孫)
   ※孫、曾孫(ひまご)、玄孫(やしゃご)と続きます。
 2.被相続人の兄弟姉妹の子(被相続人から見て甥や姪)
   ※甥、姪までです。
  
 となります。また、代襲者になれない人は、被相続人の直系尊属(被相続人の親)となります。
 
 
 
 
 上記のとおり、 代襲は、相続人がすでに亡くなっている場合のほか、相続人であった人が相続欠格や相続人の廃除によって相続権を失った場合にも成り立ちます。
 

 しかし、相続人が相続放棄によって相続権を失った場合は、代襲相続することはできません。
 
 
また、代襲相続できる者は被相続人の直系卑属(兄弟姉妹の場合は傍系卑属)に限られます。
 
 
 たとえば、養子の養子縁組前の子(養子の連れ子)は、被相続人の直系卑属ではありませんから、養子縁組しないかぎり代襲相続することはできません。
 また、配偶者にも代襲相続権が認められていませんので子がいない妻の場合、夫が夫の両親・兄弟姉妹等より先に死亡していると、義父の遺産は全く相続できません。